浅田町八劔社輪くぐり神事

昔からある神社の行事で、よく耳にする人も多いと思います。無事に夏の暑さを乗り越え、元気に何事も無く無病息災を願う家族連れなどから人気が高い茅の輪くぐりで、氏子総代さんが茅(ちがや)を刈り取り整理し、大きな輪にして神事に使われます。

輪くぐりpdfをご覧ください。

 

茅の輪くぐりの意味

茅の輪くぐりは、正月から半年間のけがれを祓い、残り半年の無病息災を祈願するといいます。基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています。また、輪をくぐるだけでなく、ひとがたの白紙に名前を記入して、宮司さんがお祓いしていただく儀式もあります。