浅田いきいきクラブ研修

梅雨の合間、6月26日晴れの一日、浅田いきいきクラブ研修会のバス旅行が挙行されました。集合時間の一時間前からすでに集合が始まり、全員が出発OK。バスの中では、日頃会えない友達と和気あいあいで、バスガイドさんの説明も聞かずに「話に夢中」。 新しく出来た新名神高速の鈴鹿PAスマートICを降り、御在所岳を見上げる山の麓に目的の椿大社到着、椿大社は猿田彦大神を祀る本宮であり、みちびきの神様としたわれ、会員のみなさんは、いろいろなお願いをされていましたお願い事を聞いてみると、「もっと長生きしたい」とお願いされたとのこと。いつまで生きするのだと大笑い

さて、昼食タイムで三時間授業

カラオケ授業

宴たけなわ

なごやかな授業の終了前「星影のワルツ」幼ななじみが手をつないで「楽しかったひととき」

まんぞくした。

帰り道の途中下車「アクアイグニス」お土産買い。

秋の研修授業をたのしみに待ちます。

 

浅田納涼夏まつり

令和元年8月15日(木)浅田納涼夏まつりが、浅田八剣社において15時30分より9時00分まで実施されます。

令和元年夏まつりPDF

お盆の夕涼みを家族・親戚一同で楽しんでいただければ幸いかと思います

実施内容  提灯祭り・神楽・鳴子踊り・盆踊り・メモリアル花火打ち上げ・夜店・バザー(かき氷、みたらし団子、金魚すくい、水風船つり、ジュース、ビール)

昨年度写真参考

主催  浅田納涼夏まつり実行委員会

協賛  浅田区・日進商工会浅田支部

後援  中日新聞

 

浅田町八劔社輪くぐり神事

昔からある神社の行事で、よく耳にする人も多いと思います。無事に夏の暑さを乗り越え、元気に何事も無く無病息災を願う家族連れなどから人気が高い茅の輪くぐりで、氏子総代さんが茅(ちがや)を刈り取り整理し、大きな輪にして神事に使われます。

輪くぐりpdfをご覧ください。

 

茅の輪くぐりの意味

茅の輪くぐりは、正月から半年間のけがれを祓い、残り半年の無病息災を祈願するといいます。基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています。また、輪をくぐるだけでなく、ひとがたの白紙に名前を記入して、宮司さんがお祓いしていただく儀式もあります。

天白川にて魚とり

天白川の左岸堤防の草刈りが、天白川クリーン隊において実施され、きれいになり川のほとりまで近づくことが出来るようになりました。天白川クリーン隊の皆さん有難うございます。

さて、日進市の貴重な財産でもある天白川の魚さん等が今年も観察できますよ。昨年は以前に捕まえたナマズを捕まえ、あら、又お会いしましたねと、大喜び。

沢山の生き物を体験出来ます。参加を出来る方は事前連絡くださいね。

天白川魚つかみ19年PDF

 

西小通学路変更お知らせ

日頃は、浅田区政にご協力いただきまして、厚くお礼申し上げます。

この度、浅田町小深田地内に於いて、排水路整備工事のため通学路の一時的変更(6月17日より)がありますので、生徒さん・親御様にお知らせします。

工事名        上小深田地内排水路整備工事

工事場所       PDF地図参照回覧 通学路変更

工期 (予定)    令和元年8月中旬頃~令和2年3月下旬

通学路変更期間  令和元年6月17日~令和2年3月下旬

連絡先        日進市役所 道路建設課 0561-73-2642